千葉 胤富

下総国

概説


下総国の生まれ(?)。父は下総国の戦国大名・千葉昌胤。

はじめ海上氏の家督を継いだが、宗家当主の千葉親胤が北条氏に捕まり家臣の原氏に暗殺されたことで胤富が宗家を継ぐこととなった。

越後の長尾景虎に古河公方・足利義氏が攻められると、これを守ろうとする北条氏に従って援軍を送った。

里見氏の家臣・正木氏が侵攻してくると臼井城などの一部の城が奪われた。

景虎が十万を超える兵力で北条氏の小田原城を包囲すると、胤富は北条氏に味方して援軍を送った。その後、兵を退いた景虎と和睦し、景虎の関東管領就任式にも参列した。

北条氏の支援を受けて正木氏に奪われていた諸城を奪還した。

北条氏に属していた太田康資が上杉氏(景虎)に寝返ると、北条氏は武蔵松山城を攻略、勢いに乗じて康資攻略を計画したため、上杉氏は里見氏に援軍を依頼した。里見氏は千葉領へと侵攻を開始し、千葉氏は単独での迎撃不可を理由に北条氏へ援軍を要請した。戦いは里見氏優勢であったが、北条勢が隙を突いて反撃し里見勢は大混乱に陥って壊滅した。

上杉氏に臼井城を攻められたが、北条氏の支援で撃退することができた。

胤富は北条傘下となることで周辺諸国との戦いを切り抜け、千葉氏の勢力を保つことに成功したのだった。

 

コメント


一貫して北条氏に従う姿勢はまさに虎の威を借る狐であったと思います。しかし、当時の千葉氏を守るためにはこの従属策がもっとも妥当であったと考えられ、胤富や千葉家臣団が貧弱だったわけでは決してないと思います。