石田 三成

近江国

概説


近江国の生まれ。父は近江国の土豪・石田正継。

織田氏の家臣・羽柴秀吉が長浜城主に任じられると、三成は父や兄と共にこれに仕えた。

織田信長の死後に起きた賤ケ岳の戦いでは先駆衆として活躍した。

堺奉行に任じられると兵の動員や輸送を滞りなく行うための環境を整え、九州の平定に大きく貢献した。平定後は博多奉行に任じられ、軍監の黒田孝高と共に町割りを行った。

小田原征伐では忍城の攻略を命じられ水攻めを行った。戦闘は小田原開城後まで続いた。

文禄の役では渡海し増田長盛や大谷吉継と共に総奉行を務め、明との講和交渉にも尽力した。

秀吉の甥である関白・豊臣秀次が謀反の嫌疑で自害すると、その旧領である近江佐和山を与えられ佐和山城主となった。

慶長の役では国内にあり、秀吉が死去すると諸将の帰国のために尽力した。

朝鮮出兵以来、関係が悪化していた細川忠興たちに大坂屋敷を襲撃される事件が起きた。徳川家康の仲裁で事は収まったが三成は佐和山城へ退くこととなった。

家康が上杉氏討伐のために出陣すると、大阪城に残った奉行たちにより家康への弾劾状が諸大名へ送られた。

三成は挙兵して家康に敵対、諸将と共に徳川家臣・鳥居元忠が守る伏見城を包囲し降伏を促したが容れられなかったため、やむなく攻め落とした。

関ケ原本戦は激戦となったが、松尾山にあった小早川勢が三成方を攻めたことにより家康方の優勢が決まり、三成方は崩壊した。

戦後逃走していた三成だったが、追補隊に見つかり捕縛された。大津城の門前で生き晒しにされた後、家康と会見し、その後大坂・堺で引き回しにされ、最後は家康の命により京都六条河原にて斬首された。

 

コメント


三成の経歴を調べていくうちに「実はこの人、人間としてすごくいい人だったのではないか?」と思うようになりました。理由ははっきりと示せないのですが、行動に「情」が伝わってくるのです。今までは頭脳明晰で物静かなインテリ武将のイメージがありましたが、どうもそればかりではないように思います。