山崎 吉家

越前国

概説


越前国の生まれ。父は山崎長吉。朝倉氏に仕えた。

加賀国で内紛が起きると、それに乗じて朝倉氏は能登国の畠山氏と共に加賀へ出陣した。吉家も当時事実上の当主であった朝倉宗滴に従い出陣した。しかし、畠山勢が壊滅したため、朝倉勢は手取川まで進んだところで引き返した。

加賀一向一揆攻めの最中に宗滴が病で倒れると、代わりに大将となった朝倉景隆と共に出陣した。

宗滴の死後、宗滴が担当していた越後国の上杉氏との交渉役を引き継いだ。

謀反を起こした堀江景忠の討伐軍に大将として同じ朝倉家臣の魚住景固と共に出陣、堀江氏の館を激しく攻撃したが決着はつかず、景忠を能登国へ亡命させることで戦いを終わらせた。

足利義景が一乗谷の朝倉館を訪問すると年寄衆として挨拶した。

織田氏との戦いが始まると、吉家は同盟者である浅井氏の援軍として小谷城へ入った。織田信長が摂津へ兵を進めると、その隙に浅井・朝倉連合軍は西近江を南下した。吉家は先陣を賜り宇佐山城の戦いで織田氏の重臣たちを討取った。その後、浅井・朝倉両氏は比叡山に籠るも織田氏と講和し帰国した。

小谷城が信長により攻められると、当主・朝倉義景が自ら出陣して砦を築き守備を固めたが、暴風雨を逆手に取った織田軍の奇襲により朝倉方の砦は次々と落とされ義景は撤退を決断した。吉家は殿軍を任され猛追してくる織田軍を相手に奮戦したが、やがて力尽き一族や他の将兵たちと共に討死した。

 

コメント


ものすごく大きな働きをしたわけではないものの、堅実に任務を遂行できる優秀な武将であり、間違いなく朝倉家中で重要な立場にあった人物です。イラストは「少しだけ何かが足りなかった歴戦の将」をテーマに描きました。