今川 氏親

遠江国, 駿河国

概説


駿河国の生まれ。父は駿河守護・今川義忠。

氏親がまだ幼いときに父・義忠が戦死したことで、一族の小鹿範満との間で家督争いが起こった。度重なる小競り合いに加え、扇谷上杉家の家宰・太田道灌が軍事介入する事態にまでなったため、幕府の意向を受けた叔父・伊勢盛時(北条早雲)が調停に入り事を収めた。

範満は家督代行者として今川館に入り、氏親は母と共に小川城に入った。

氏親が成人しても範満は家督を戻さず、むしろ圧迫する有様だったため盛時は兵を集めて今川館を襲撃し範満を討った。氏親は今川館で元服し今川氏当主の座に就いた。

斯波氏との激戦の末に遠江国を手に入れ、駿河・遠江二ヶ国の守護大名となった。

遠江国の支配力を増すために検地を行った。また、安倍金山の開発によって財源確保に努めた。

晩年は中風で動けなくなったため、正室(寿桂尼)の補佐を受けながら「今川仮名目録」を制定し、その後今川館にて死去した。葬儀は曹洞宗における最高の法式で行われた。

 

コメント


氏親の経歴を調べてみると、母・北川殿と正室・寿桂尼の名前が必ず出てきます。そして二人とも大変頼もしい女性であったことが伺えます。今川氏の領国運営を盤石なものとした氏親ですが、そこに二人の女性の活躍があったことは間違いないです。