津軽 為信

陸奥国

概説


陸奥国の生まれ。父は大浦守信とされるが、久慈氏の出であるともいわれる。養父は大浦為則。いずれにしても為信は南部氏の庶流であった。

病弱だった為則から大浦氏の家督を継いだ。

当時、津軽一帯を治めていたのは南部氏の一族・石川高信だった。為信は高信の留守中にその居城である石川城を突如攻略した。また陸奥国の名族である浪岡氏を滅ぼした。

南部氏に属する城を次々と攻略し、津軽地方を平定した。この間には中央への工作が必要と考え始め、自ら上洛しようと試みるが自然災害や近隣諸勢力の妨害により果たせなかった。

それまで対立していた秋田氏と和睦し、家臣を上洛させることに成功、石田三成を介して豊臣秀吉へ名馬と鷹を献上したことで本領を安堵された。小田原征伐後の検地により一部を太閤蔵入地とされたが大半は安堵された。この後、姓を津軽に改めた。

小田原征伐では東下する秀吉に沼津で謁見を果たした。これまでの所業から為信を快く思っていなかった南部氏から惣無事令違反として訴えられたが、いち早く豊臣氏へ恭順を誓っていたことにより危機を免れた。

九戸政実の乱が起きると秀吉の命により鎮圧へ参加した。また、文禄・慶長の役では予備軍として肥前国名護屋城に在城した。

秀吉の死後、関ケ原の戦いが起こると為信は東軍に属し、嫡男・津軽信健は大坂城内にあったため西軍に属した。

戦後、病床にあった信健を見舞うため病を押して上洛するが、到着前に信健は死去し、為信も京都で死去した。

 

コメント


為信といえば立派な髭と独特な甲冑姿で威風堂々としたイメージが強いですが、個人的にはカッコイイだけでは物足りない感があるため、あえて胡散臭い感じのイラストに仕上げました。