宇喜多 直家

備中国, 備前国, 美作国

概説


備前国の生まれ(?)。父は宇喜多興家。

浦上氏の家臣で祖父の宇喜多能家が島村盛実たちに暗殺されたとき、直家はまだ幼く父・興家とともに逃れて放浪生活を送った。

天神山城主・浦上宗景に仕えて頭角を現し、祖父の仇である盛実に浦上氏への謀反の疑いをかけてこれを殺害、復讐を果たした。

美作国へと侵攻してきた備中国の三村家親を鉄砲により暗殺、その後の明善寺の戦いでも勝利し備前国へ進出してきていた備中勢の駆逐に成功した。

直家は敵対勢力だけでなく浦上家中の実力者や自身の親類までも策謀によって倒し、浦上家中で随一の勢力を誇るまでになった。

当時中国方面へ進出してきていた織田氏や、西播磨の覇権獲得に燃える赤松政秀たちと結び主家である浦上氏へ反旗を翻す。しかし、事は上手くいかず成す術を失った直家は降伏を余儀なくされた。このときは特別に助命された。

直家は毛利氏と同盟を結んで再び挙兵し、調略を駆使して宗景を没落に追い込んだ。これにより備前国を獲得し、備中・美作にまで影響範囲を拡げるまでになった。

織田家臣の羽柴秀吉が中国方面に攻め寄せると、はじめは抵抗したが、やがて毛利氏と手を切って織田氏に臣従した。

毛利氏との戦いに明け暮れる中、病に倒れこの世を去った。

 

コメント


木像を見ても分かりますが、直家はかなりの美男子だったそうです。私の場合、身体中のどこを探しても美の字が見つからないので羨ましい限りです。