大谷 吉継

越前国, 近江国

概説


近江国の生まれ。父は大谷吉房(?)。

羽柴秀吉の小姓として仕える。

本能寺の変後、秀吉と柴田勝家との間で争いが起きると、吉継は勝家の養子・柴田勝豊を調略し内応させた。合戦においても石田三成たちと共に活躍した。

紀州征伐では杉本荒法師を槍で一突きにして討取ったらしい。

九州征伐後、奉行としての活躍もあり、越前国敦賀郡を与えられ大名となった。

小田原征伐および奥州仕置に従軍し出羽国の検知を行った。

秀吉による朝鮮出兵では、船奉行を務めて物資の調達および輸送を滞りなく行い手腕を発揮した。三成たちと共に明国との和平交渉も担当したが、最終的には決裂した。

秀吉の死後、徳川家康が上杉征伐の軍を挙げると、吉継もこれに従軍すべく敦賀を出立、途中、三成の居城・佐和山城に立ち寄った。ここで三成から家康討伐を持ちかけられ、再三断るも熱意に負けて三成に与した。

まず敦賀へ戻り北陸方面の諸大名を調略、家康方の前田利長を牽制した。その後、美濃国へ進出し本戦へと突入した。

はじめ藤堂高虎と京極高知の軍勢を相手に奮戦した。松尾山に布陣していた小早川秀秋の大軍が攻めてくるとこれを迎撃し何度も山へ追い返した。しかし抑えの部隊が寝返り横槍を入れてきたため大谷隊は壊滅、吉継も自害して果てた。

 

コメント


はじめ元気な姿を描くか描かないかで迷ったのですが、死ぬまで戦場にあったということは元気だったのだと気づき恥ずかしくなりました。