明智 光秀

丹波国, 美濃国, 越前国, 近江国

概説


美濃国の生まれ。父は明智光綱(?)。

美濃国の内乱で明智氏が離散すると、光秀は越前国の朝倉氏を頼ったらしい。

足利義昭が朝倉氏を頼って来ると、そこで光秀は義昭との繋がりを得た。

義昭が織田信長の支援のもと上洛を開始すると光秀もこれに従った。義昭の宿所・本圀寺が三好三人衆に襲撃されると光秀たち奉公衆は奮戦、敵勢を何度も撃退し、そのうち味方の援軍も到着して義昭方の勝利に終わった。

その後は信長家臣団と共に政務を執り行うことが増え、浅井・朝倉氏や石山本願寺との戦いにも参戦した。義昭が信長と不仲になり挙兵すると、光秀は信長に与して義昭と袂を別った。

信長から丹波攻略を命じられたが、八上城の波多野氏に裏切られ敗走した。再度大軍を率いて侵攻し、一年以上かけた後ついに降伏させた。

信長から丹波一国を与えられ、光秀の畿内における軍事力は増大した。

徳川家康の饗応役を突如解任され、羽柴秀吉が進めている毛利征伐の援軍を命じられた。急ぎ出陣したが、途中で京へ引き返し信長の宿所・本能寺を襲ってこれを討ち、二条御所に籠る信長の嫡男・織田信忠も討った。そしてすぐさま近江へ下り概ね制圧した。

しかし、毛利征伐中の秀吉が予想外の早さで畿内へ帰還してしまった。また、寄騎であり縁者でもある長岡藤孝や筒井順慶は光秀に味方しなかった。光秀は山崎で羽柴勢を迎え撃つも敗れ、居城・坂本城を目指して落ち延びる途中、土民に襲われ自害した。

 

コメント


人は少し考えれば解ける問題に対して、あえて考えずにギャンブルする性質を持っていると何かの本で読んだことがあります。光秀もその口だったのでしょうか…?