斎藤 道三

美濃国

概説


山城国の生まれ(?)。父は松波庄五郎といわれている。

道三といえば、油売りから大名にまでのし上がった下克上を代表する戦国大名という印象が強いが、近年では親子二代によるものという説が有力であるため、はっきりとした前半生については分かっていない。

道三は美濃国の守護大名・土岐頼芸を尾張国へと追放し、事実上の美濃国主となった経緯がある。そのため土岐氏を後援する越前国の朝倉氏や尾張国の織田氏による侵攻を受けた。

織田信秀が稲葉山城下まで攻め寄せると反撃に出て散々に蹴散らし撃退することに成功した。その後、娘の帰蝶を信秀の嫡男・織田信長へ嫁がせ和睦した。

和睦後は織田氏の後援で自身に敵対する勢力を次々と降し美濃国を平定した。

隠居し家督を嫡男・斎藤義龍に譲ったが次第に関係が悪化し、遂には義龍が挙兵するまでになった。道三と義龍の両軍は長良川において激突、はじめは道三方が優勢であったが兵力で劣ったため最後は本陣に攻め込まれ討死した。

 

コメント


道三の最期は壮絶かつ孤独な戦国の梟雄らしいものだったように思えます。イラストは映画などに出てくる、悪の組織の親分をイメージして描きました。