平手 政秀

尾張国

概説


尾張国の生まれ(?)。父は平手経秀。

尾張守護代・清洲織田氏の庶流で家臣の織田信秀に仕えた。

和歌などに通じた文化人で、朝廷の楽奉行として訪れた山科言継の饗応役を務め、言継から絶賛された。また、信秀の名代として上洛し、内裏修理料を朝廷に献上した。

信秀に三男で嫡男となる吉法師(のちの織田信長)が生まれると、その傅役に任命され二長(におとな)を務めた。
当時、織田氏と争っていた美濃国の斎藤道三との和睦を成立させ、信長と道三の娘・帰蝶の婚約を取りまとめた。

信秀が斎藤氏との合戦中、清洲織田氏が隙を突いて信秀の古渡城を攻撃するという事件があった。政秀はこの問題の解決に奔走、和睦の際には古今集の古歌を書き添えるという風雅ぶりまで発揮した。

三河安祥城の守備を任されていた織田信広の援軍として遣わされたが敗走、城は落ち信広は生け捕りにされた。

信秀が亡くなり家中が混乱する中、突然自害しこの世を去った。

 

コメント


政秀自害の真相については未だ謎のままですが、信長にしてみれば色々苦労をかけた「じいや」だったのではないかなと個人的には思っています。