安宅 冬康

阿波国

概説


阿波国の生まれ(?)。三好元長の三男。長兄・三好長慶の命により淡路国の水軍衆である安宅氏の養子となり家督を継承した。

大阪湾の制圧や北白川の戦いなどに従軍、久米田の戦いにも従軍し畠山高政と戦うも、次兄・三好実休が戦死したため冬康は阿波へ撤退し再起を図った。その後、河内で再び高政と戦い勝利した。

弟・十河一存や長慶の嫡男・三好義興が相次いで死去すると、三好一族として長慶を補佐したが、長慶の居城・飯盛山城に呼び出され自害させられた。

 

コメント


温厚な人だったそうで、自害させられたのも人望が厚すぎたためなのかもしれませんね。イラストは船に寄りかかる姿を描いたものなのですが、船体は描いていないため変なポーズをしている人になってしまいました。