三好 実休

和泉国, 河内国, 阿波国

概説


阿波国の生まれ(?)。三好元長の次男。

兄・長慶は細川京兆家の細川晴元に仕え、実休は阿波細川家の細川持隆に仕えた。これには三好家の影響力を四国方面に保持する狙いがあったらしい。

畿内で細川氏の内乱が起きると、阿波勢を渡海させ舎利寺の戦いで長慶方を大勝させることに成功、畿内へ進出した長慶に代わり阿波国を守った。

長慶に従って伊予や讃岐、和泉などを転戦し活躍、讃岐国も支配下に収めた。

阿波国主・細川持隆を自害に追い込み、その子・細川真之を擁立した。しかし実権の掌握は難しく、抵抗する久米義張や佐野丹波などと争い敗死させた。

長慶の要請に応えて四国勢を率いて北白川の戦いに参戦した。また、河内国の畠山高政が籠る高屋城を長慶と共に攻め勝利すると河内の守護を任された。しかし、高政が紀伊国の根来衆の援助を得て攻め寄せると、和泉国久米田にて応戦、敵の流れ弾にあたり戦死した。

 

コメント


実休について調べているうちに古美術への関心が強まり、最近ヤフオクで陶芸品漁りをしているのですが、お金がかかって仕方ないので、お金持ちになってから嗜むことにします。