十河 一存

和泉国, 阿波国

概説


阿波国の生まれ。三好元長の四男。長兄・三好長慶の命により十河景滋の養子となる。

兄・長慶と父・元長の仇である三好政長との間で起こった江口合戦では、江口城に籠る政長を孤立させるために退路を遮断し、長慶の勝利に貢献した。政長を支援していた管領・細川晴元は没落し、長慶の政権が誕生した。

三好氏と将軍・足利義輝との間で北白川の戦いが起きると、他の兄弟たちとともに四国勢を率いて畿内へ上陸、足利方に圧力をかけ和睦を優位に進めた。

三好氏は河内守護・畠山高政の高屋城を攻め落とし高政は没落、一存はこのときの功績により岸和田城主に任じられた。

長慶を軍事的に補佐して、畿内各地を転戦し武功を挙げたが、病を患い若くして亡くなった。

 

コメント


イラストは色々悩んだ末に仕上げました。武勇の誉れ高く信望が厚かった人も、病気にかかればあっけなく死んでしまう、運命とは避けては通れぬものなのでしょうか。