仙石 秀久

美濃国, 豊後国, 阿波国

概説


美濃国の生まれ。仙石久盛の四男。幼少時に越前国の豪族・萩原国満の養子となったが、兄・仙石久勝が廃嫡されたことで美濃へ戻り家督を継承、斎藤龍興に仕えた。

斎藤氏滅亡後、織田信長に風貌を気に入られ織田家臣・木下秀吉の配下に組み込まれた。

姉川の戦いや中国攻めで活躍、信長が明智光秀に殺害されると、明智方に与した淡路の豪族たちを討伐する任に当たり功を挙げた。

秀吉と柴田勝家の間で争いが起きると、柴田方に与した四国の長宗我部氏に対する抑えとして淡路に入った。はじめ秀久が優位であったが兵力で劣ったため次第に巻き返され敗走、瀬戸内の制海権を維持することで四国勢を抑えた。その後、秀吉による四国攻めや紀州攻めで活躍した。

九州攻めが始まると、先陣を務める四国勢の軍艦に任命されるが、軍の士気は低く結束力も乏しかったため、焦った秀久は状況打開のため攻勢に出たが惨敗、秀吉の勘気を被り改易された。しばらく隠棲していたが、小田原攻めが始まると徳川家康の取り成しで陣借りし、見事な槍働きを見せたことで秀吉から信州小諸を与えられた。

秀吉死後は家康に接近し、関ケ原の戦いでは徳川秀忠を補佐した。徳川幕府の信頼は厚く、豊臣恩顧の大名であるにもかかわらず破格の待遇で扱われた。江戸から小諸に帰還途中、病を得て死去した。

 

コメント


イラストは小田原攻めに決死の覚悟で臨む秀久をイメージしました。