浅井 長政

近江国

概説


近江国(南近江)の生まれ。北近江に勢力を置く浅井氏は、南近江の六角氏との戦いに敗れこれに臣従していた。長政は人質として六角氏のもとで成長した。

父・久政の六角氏に対する弱腰外交に不満を持つ浅井家臣たちは、久政を無理やり隠居させ、長政を当主へ押し上げた。長政は野良田の戦いで六角氏を破り、北近江における浅井氏の地位を盤石なものとした。

尾張の織田信長と同盟を結び、長政は信長の妹・お市の方を妻に迎えた。信長が足利義昭を奉じて上洛を開始するとこれを援護した。

しかし、信長が浅井氏の同盟者である朝倉氏の城を攻めると、浅井氏の軍勢は織田勢の背後を急襲し、これを以て浅井・織田同盟は手切れとなった。

浅井氏は朝倉氏と共に織田・徳川連合軍と姉川で激戦を繰り広げた末に敗れた。

信長が摂津戦線に釘付けになっている隙に朝倉氏や延暦寺と共に近江坂本を攻め、信長の重臣・森可成たちを討取った。

甲斐の武田信玄が西上作戦中に急死したことで信長は北近江に兵を差し向けた。朝倉氏が滅ぼされ、援軍を望めない浅井方は本拠地の小谷城を包囲されるに至った。信長は再三降伏を勧めてきたが、長政はこれを断り続け自害して果てた。

 

コメント


浅井氏は国人一揆の盟主として勢力を拡げたこともあり、家臣団の発言権はかなり大きかったと考えられます。久政・長政親子の人生は気苦労の絶えないものだったのではないかと思います。