小田 氏治

常陸国

概説


常陸国の生まれ。父は小田政治。父の代で衰退した小田氏の家督を継いだ。

結城氏と争うも、北条氏の支援を受けた結城勢に居城の小田城を奪われた。しかし氏治は北条氏と和解し、結城勢を追い散らして小田城に復帰した。

越後の上杉謙信による北条氏討伐では、氏治も他の関東諸将と共に謙信に従った。しかし同じく謙信側に立っていた佐竹氏と対立したため、謙信により小田城を追われた。佐竹氏の混乱に乗じて小田城を奪還したが、謙信により再び小田城を追われた。氏治は謙信に降伏を申し出、小田城に復帰した。

佐竹方の太田資正に小田城を襲撃されると、油断していた氏治は敗走した。直ぐに奪還に成功するが、その後再び城を追われた。

小田城復帰を目指す氏治は小田城外の樋ノ口に陣を取り、対する佐竹方は梶原景国・資胤兄弟らが迎え撃った。戦いは小田勢が優勢であったが、梶原兄弟の父・太田資正が駆け付けたため戦いは激化し小田城を取り戻すことはできなかった。

豊臣秀吉による小田原征伐後、所領を全て没収され大名・小田氏は消滅した。

 

コメント


没落後、かつてのライバル・結城氏の客分となったフェニックス氏治ですが、長年戦えたのは氏治自身の器量や家臣団の結束力、領民からの人気などがあったからこそでしょう。現代でもファンが多いことを考えると、戦国武将としては大勝利なのではないでしょうか?