真田 信繁

信濃国, 摂津国

概説


信濃国の生まれ。父は真田昌幸。主家の武田氏が滅亡後、織田氏や上杉氏に人質として出され、最後は羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)のもとへ人質として出された。

小田原征伐では岳父・大谷吉継とともに石田三成の指揮下で忍城攻めに参戦した。

秀吉の死後、関ケ原の戦いが起きると、信繁は父・昌幸とともに三成方の西軍に付き、中山道の制圧のため進軍してきた東軍の徳川秀忠の軍勢を上田城にて迎え撃ち大いに手こずらせた。西軍敗北後、昌幸と信繁は高野山へ追放された。

徳川氏に危機感を持った豊臣氏が全国の牢人を募ると信繁は高野山を脱出、大坂城に入城した。冬の陣では真田丸と呼ばれる出城に籠り、寄せ手を撃退することに成功した。夏の陣では死を覚悟して徳川本陣に突撃を敢行、敵勢を蹂躙し本陣に攻め入った。これを好機とみた大野治長は豊臣秀頼に出陣を仰ぐため大坂城に帰城した。しかし秀頼の馬印を掲げたまま帰城してしまったため味方の士気は一気に下がり、徳川勢の反撃を許すこととなった。豊臣勢は総崩れとなり、真田隊も敗走、信繁は安居神社の境内で休息していたところを討取られた。

 

コメント


大河ドラマ「真田丸」では堺雅人さん演じるカッコイイだけではない人間味のある信繁が話題となりました。イラストはどうしようか迷った末にカッコイイ信繁をイメージして描きました。