板倉 勝重

三河国, 山城国, 武蔵国, 相模国, 駿河国

概説


三河国の生まれ。父は板倉好重。幼少時に出家し僧となっていたが、父・好重が戦死し、跡を継いだ兄・板倉定重も戦死したため、主君・徳川家康の命により還俗し家督を継いだ。

家康が拠点を浜松から駿府へ移すと、勝重は駿府町奉行に任命された。小田原の役が終わり家康が関東へ移封されると関東代官・小田原町奉行・江戸町奉行を兼帯した。関ケ原の戦い後は京都町奉行に任命された。

京都町奉行を経て京都所司代になると、朝廷や公家、西国大名の監視および支配強化に努めた。

 

コメント


勝重が武士になったのは30代後半でした。そのためか槍働きの逸話は特に無く、施政面での活躍が目立ちます。しかしそんな勝重にも武士としての見栄があったのか、ド派手な甲冑が今も残っています。すごく好きなデザインなのでイラストにしました。