立花 宗茂

筑前国, 豊後国, 陸奥国

概説


豊後国の生まれ。父は高橋紹運。大友氏の重臣・立花道雪の懇願でその婿養子となった。

秋月・筑紫氏との戦いで初陣を飾った。

道雪と紹運が筑後奪回戦のため出陣すると、立花山城の留守を預かった。秋月氏の大軍が攻め寄せたが、夜襲や火計で敵陣を攪乱させ撃破した。道雪たちも筑後国の大半を奪回することに成功したが、道雪陣没後、島津氏の大軍が筑前国へ侵攻を開始した。実父・紹運は岩屋城に籠って徹底抗戦し玉砕、宗茂も立花山城で遊撃戦を展開し敵に大損害を与え、島津軍を撤退させた。
豊臣秀吉は宗茂の功績を認めて大名に取り立てた。

肥後国人一揆では佐々成政とともに首謀者の隈部親永が籠る城村城を攻め落とした。

関ケ原の戦いでは西軍に与して大津城を攻撃、京極高次を降伏させたが本戦には間に合わなかった。

戦後改易され浪人となるが、本多忠勝の推挙で江戸城に召し出され、陸奥棚倉に領地を与えられ大名に復帰した。江戸幕府の治世になると、幕府から筑後柳川を与えられ旧領への復帰を果たした。

 

コメント


立花宗茂の経歴を調べると戦いでの活躍があまりにも多く、何を載せるか大変困りました。意外と世間知らずな逸話も残っており、誾千代と不仲だったのはそこにも原因があったのかなと勝手に思いました。