龍造寺 隆信

肥前国

概説


肥前国の生まれ。龍造寺家兼は曾祖父。

主君である少弐氏の重臣・馬場頼周は家兼の増長と謀反を恐れ、その一族を粛清した。当時僧侶であった隆信は家兼に連れられ筑後国へ脱出、蒲池氏の下で匿われた。家兼は蒲池氏の援助を受けて挙兵し、頼周を討って復帰した。家兼が亡くなると、隆信は八幡宮で籤(くじ)を引き、その結果、還俗して家督を相続した。

本家当主・龍造寺胤栄に従い、胤栄死後はその未亡人を娶り家督を継承したが、不満を持つ家臣たちに追放された。隆信は蒲池氏の援助で挙兵し勝利、復帰後は少弐氏を滅ぼした。
隆信を危険視した有馬氏と大村氏は東肥前に攻め入ったが、千葉氏と手を結んだ隆信により撃破された。大友氏も肥前国に攻め入ったが隆信に撃退された。

肥前国統一後は家督を嫡男・政家に譲った。

大友氏が耳川の戦いで島津氏に大敗すると、筑前国・筑後国・肥後国などに勢力を拡大した。

有馬晴信が龍造寺氏から離反すると隆信は大軍を率いて出陣した。しかし湿地帯に誘い込まれたところを一斉攻撃されて大混乱に陥り、隆信も討ち取られた。戦後、嫡男・政家は島津氏に屈服した。

 

コメント


隆信の高いカリスマ性が龍造寺氏を最盛期に導き、そして没落させたのだと思います。イラストはプリプリ怒っている隆信です。