尼子 経久

出雲国

概説


出雲国の生まれ。父は出雲守護代・尼子清久。

主君・京極政経の寺社領を押領し、独自の権力基盤を築いた。しかし反発を受け守護代の職を剥奪された。

御家騒動に敗れて下向してきた政経と関係を修復し、政経の死後、出雲の統治者としての地位を固めた。

尼子氏に反旗を翻した桜井宗的との戦いで嫡男・政久を失った。

備後・安芸への進出を開始し、傘下の毛利氏に大内氏の鏡山城を攻略させた。西伯耆にも進出し、守護・山名澄之を破った。経久は自ら備後国へと出兵したが、大内氏の重臣・陶興房に敗北した。

三男の塩冶興久が反乱を起こしたが、嫡孫・尼子詮久(のちの晴久)の活躍もあって乱を鎮圧した。

経久は詮久に家督を譲った。詮久は播磨守護・赤松政祐を攻めて大勝したが、石見銀山を大内氏に奪回された。詮久は毛利氏を吉田郡山城にて包囲したが、救援に来た大内氏と激戦の末に敗れ、安芸での勢力基盤を失った。

病床にあった経久は月山富田城にて死去した。

 

コメント


国人衆や親族の造反の影響があってか、経久は家臣に対して非常に気を遣う人だったそうで、家臣が持ち物を褒めるとそれを惜し気もなく与えてしまうこともあったそうです。イラストは髭を褒められて照れている経久です。