三好 長慶

山城国, 摂津国, 阿波国

概説


阿波国の生まれ(?)。父・三好元長はその勢威を恐れた主君・細川晴元に煽動された一向一揆によって殺害された。長慶は一揆襲来前に母とともに脱出し阿波で逼塞した。

のちに帰参し、やがて摂津守護代となり幕府に出仕した。

将軍・足利義晴たちが晴元排除のため挙兵すると、長慶はこれに対抗するが敗北を繰り返した。しかし、阿波国から援軍が到着すると形勢は一気に逆転し、義晴たちを近江に追いやった。舎利寺の戦いで義晴方に勝利し義晴と晴元の和睦を実現させた。

父の仇である同族・三好政長を討ち、政長方に与していた晴元は将軍・義晴とその子・義輝を連れて近江に逃れたため、長慶は新たな主君として細川氏綱を擁立した。

近江では義晴が死去し義輝が抵抗を続けていたが和睦し、以後、幕政の実権を掌握した。

長慶は三好家の全盛期を築き上げたが、晩年になると、十河一存の急死や三好実休の戦死などこれまで長慶を支えてきた弟たちの死が重なり、ついには嫡男の義興までもが早世してしまった。心身に異常を来たした長慶は弟・安宅冬康を居城に呼び出し誅殺、さらに病状が悪化してしまい、家督を一存の子・義継に譲り死去した。

 

コメント


権力者だったからなのか、肖像画で描かれている衣装は大変オシャレです。※私のファッションセンスはゼロです。