馬場 信春

信濃国, 甲斐国, 駿河国

概説


甲斐国の生まれ。はじめ教来石景政と名乗った。武田信虎に仕え、信虎追放後はその子・晴信(のちの信玄)に仕えた。

晴信による信濃攻めに従い武功を挙げた。この功績により、信虎時代に絶えていた馬場氏の名跡を継ぐことを許された。

第四次川中島の戦いでは別動隊の指揮を任された。

信玄の駿河侵攻によって北条氏との関係が悪化し、三増峠の戦いが起きると信春は先鋒を任され武功を挙げた。

西上作戦が始まるとこれに参加し、三方ヶ原の戦いでは徳川勢を浜松城下まで追い詰めた。信玄死後はその子・勝頼に重臣筆頭として仕えた。

武田軍と織田・徳川連合軍との間で起きた長篠(設楽原)の戦いでは、武田軍の右翼に配された。味方の軍勢は敵の防御陣をなかなか突破できず、指揮官たちは次々に戦死、次第に戦線が崩れ始めた。いよいよ総崩れとなり退却する勝頼を見届けると、自身は殿軍として追撃してくる織田軍と交戦し戦死した。

 

コメント


私の出身地の近くに諏訪原城というお城の跡があり、その築城者が馬場信春だと伝わっています。空堀がとんでもなく深く見応えがあります。牧之原台地と繋がっているので茶畑を見ながらほのぼのと回れる、おすすめの城跡です。