今川 義元

三河国, 遠江国, 駿河国

概説


駿河国の生まれ。父は駿河・遠江守護の今川氏親。幼少時に仏門に入り、太原雪斎に預けられた。

京で学識を深めたのち駿河国に戻るが直後に兄・氏輝が急死、次兄の彦五郎も同日死去したため家督を継承するために還俗、異母兄の玄広恵探との家督争いに勝利し今川氏の当主となった。

北条氏の怒りを買い河東を奪われると、義元は関東の山内上杉憲政と北条氏を挟み撃ちにする策を立て、河東を返還させることに成功した。

三河方面においては松平広忠の嫡男・竹千代(のちの徳川家康)を人質として迎える約束を交わし、三河勢の従属化を図った。

今川仮名目録に追加法を加え、自らが戦国大名であることを宣言、今川・武田・北条間で婚姻関係を結び領国の安定化に努めた。

義元は家督を嫡男・氏真に譲り、自身は三河の経営に力を注いだ。尾張国へ侵攻を開始すると前哨戦で勝利を収めたが、桶狭間山で休息中に織田信長の攻撃を受け討死した。

 

コメント


近年、義元の再評価が進んでおり、静岡県出身の人間として大変嬉しく思っています。氏真についても評価を進めてほしいです。