島 清興

大和国, 近江国

概説


大和国(または対馬国)の生まれ。通称の左近で有名。

はじめ、河内守護の畠山氏に従った。畠山氏没落後は筒井氏に従属する。

主君・筒井順慶が小牧・長久手の戦い後に死去すると筒井家を離れた。

小田原征伐頃には石田三成に仕えており、常陸国の佐竹氏との外交交渉を担当していた。

関ヶ原の戦い前日、寄せ集めである味方(西軍)の士気を上げるために東軍を襲撃した。まず、東軍の中村一栄隊を挑発、小競り合いがはじまり、まもなく東軍の有馬豊氏隊も参戦し乱戦となった。清興は敗けたふりをして退却、これに対して中村・有馬両隊は追撃を仕掛けるが、予め清興が用意していた伏兵に横槍を入れられ壊乱、そこへ西軍の明石全登が参戦したため中村・有馬両隊は多大な被害を被り敗走、西軍の勝利で終わった。その夜、主君・三成に対して、島津義弘や小西行長たちと共に東軍への夜襲を提案するがこれは却下された。

関ヶ原本戦では自ら陣頭に立って奮戦するが、黒田長政隊と交戦中に銃撃を受け戦死した。

 

コメント


関ケ原の戦いにおける老将・島左近の鬼気迫る姿をイメージしてイラストにしました。