佐竹 義重

出羽国, 常陸国

概説


常陸国の生まれ。父は佐竹氏第17代当主・佐竹義昭。父の隠居に伴い家督を継承した。

義重の関東地方での勢力拡大に危機感を抱いた北条氏と蘆名氏により二面攻撃を受けるが、結城氏や宇都宮氏と同盟を結び対抗した。

蘆名氏が衰退し伊達氏が台頭してくると、それを危険視した義重は人取橋で伊達政宗と会戦、あと一歩のところまで追い詰めるが領内で不穏な動きがあったため撤退した。奥州諸大名と連合して再度政宗に挑むが、各々の利害不一致により軍を動かせず和睦に終わった。

摺上原の戦いで蘆名氏が伊達氏に大敗すると、陸奥南部の諸将が伊達氏になびいたため、北は伊達氏、南は北条氏という形で挟まれ危機に陥った。しかし豊臣秀吉から常陸国の支配権を認められると国内の反発勢力を破って常陸国統一を果たした。

佐竹氏の実権を子の佐竹義宣に譲り自身は隠居した。

関ヶ原の戦い後、戦中義宣が立場を明確にしなかったため出羽国久保田への減封となった。移転先の領内で狩猟中に落馬し死去した。

コメント


鬼義重というあだ名と派手な兜をポイントに描いてみたところ、ツインテールのプロレスラーっぽいイラストになりました。ちなみに前立(頭にくっついてる横長の棒)は毛虫らしいです。