本多 正信

三河国, 相模国

概説


三河国の生まれ。はじめ徳川家康に鷹匠(鷹などの鳥を使って獲物を捕る人)として仕えた。

桶狭間の戦いで丸根砦を攻めた際に足を負傷し不自由になったとされる。

三河で大規模な一向一揆が起きた際は、一揆方に与して家康と敵対する。一揆が鎮圧されると徳川家から出奔して大和の松永久秀に仕えたとされる。やがてそこも去り、諸国を流浪する。遅くとも本能寺の変の前には徳川家への帰参が許されていたらしい。帰参後は武田家臣団の取込みを成功させ、石川数正出奔後の徳川家の軍政改革に貢献した。

秀吉亡き後の豊臣勢力の切り崩しや、本願寺の弱体化など、謀略面で家康を支えた。

江戸幕府が開かれると、二代将軍・秀忠のもとで老中として幕政に参画する。家康が亡くなるとその後を追うように正信もこの世を去った。

 

コメント


浪人中、加賀で一揆方として織田信長と戦っていたという話があります。そのときの正信を描いてみました。