上杉 謙信

越後国

概説


越後国の生まれ。幼名は虎千代。父は越後守護代の長尾為景。

元服して長尾景虎を名乗り、兄・晴景の命で栃尾城に入る。晴景を侮った豪族たちが栃尾城に攻め寄せるとこれを壊滅させ、自身の初陣を飾った。

長尾家の家督は晴景が継いでいたが、国人衆たちをまとめる力が無かったため、越後守護の上杉定実が調停して景虎が長尾家の家督を継ぐこととなった。また、定実が亡くなると将軍・足利義輝から越後国主に任命された。

長尾政景が反乱を起こした際にはこれを鎮圧し、越後統一を果たした。その後は相模国の北条氏、甲斐の武田氏と抗争を繰り広げた。こうした戦いの最中に、関東管領職を継いで上杉政虎、次いで輝虎を名乗るようになる。

将軍・義輝死後、跡を継いだ足利義昭の要請で上洛を決意、越中、能登に侵攻し平定する。能登国・七尾城攻めの際には、救援に駆け付けた織田軍を手取川にて追撃し撃破した。

春日山城において次の遠征の準備中に厠で倒れ急死した。

 

コメント


上杉謙信といえば正義の武将として描かれることが多いですが、個人的には関東出兵時に人身売買で稼いだブラック武将というイメージもあります。そのためちょっと怖そうなおじさん風に描いてみました。