豊臣 秀吉

尾張国, 摂津国, 播磨国, 近江国

概説


尾張国の生まれ。はじめ木下藤吉郎を名乗り、今川氏に属する松下之綱(実際は父の長則?)に仕えたが間もなく尾張の織田信長に仕える。

浅井氏滅亡後、功績によりその旧領を与えられた。中国攻めでは播磨、但馬を平定し備中まで侵攻したが、高松城包囲中、京の本能寺にて主君・信長が明智光秀に討たれてしまう。急ぎ引き返し山崎にて光秀を破る。

丹羽長秀や池田恒興などの支持を得て織田家の主導権を握ることに成功する。その後対立した柴田勝家と信長の子・信孝を滅ぼし、実質的に織田家の実権を握った。

以降、日本全国の平定に奔走し、宇都宮城で行われた奥羽大名の仕置きを以て天下統一を果たした。

 

コメント


イラストは天下統一を果たした秀吉のドヤ顔と右手の六本指を強調しています。