大友 宗麟
(おおとも そうりん)
大友 宗麟
投稿日:2018年 4月 7日

 豊後国の生まれ。出家前の名は義鎮(よししげ)。二階崩れの変で父・大友義鑑が死去すると遺言により宗麟が家督を継承した。
 周防国の大内義隆が死亡すると、弟・晴英(のちの大内義長)を新当主として送り込み、大内氏との対立関係を解消した。
 菊池氏を滅ぼし肥後国を獲得した。
 重臣・高橋鑑種や北九州の国人衆が毛利氏に通じて蜂起すると、重臣・立花道雪に命じて乱を平定した。毛利氏による筑前侵攻では、大内氏の残党を周防国に派遣することで毛利氏を撤退させた。
 龍造寺氏や島津氏との戦いで敗北を喫し多くの将兵を失った。
 龍造寺隆信が戦死すると道雪に命じて筑後国の大半を奪回した。しかし道雪が病死すると、島津氏が北上を開始、高橋紹運・立花宗茂父子が侵攻を遅らせたが、もはや大友氏単独での抵抗は不可能だった。宗麟は豊臣秀吉に謁見し救援を要請、自身は臼杵城に籠り、大砲・国崩しを駆使して島津軍から城を守った。滅亡寸前で豊臣軍が九州に到着、戦局は逆転した。しかし島津氏降伏の直前に病死した。

 小説などでは暗君・暴君のように描かれることがある宗麟ですが、その根拠は江戸時代に作成された資料らしく、信憑性は疑わしいそうです。事績を辿ってみてもバイタリティ溢れる名君だったのではないかなと思います。


スポンサーリンク