北畠 晴具
(きたばたけ はるとも)
北畠 晴具
投稿日:2018年 2月 16日

 伊勢国の生まれ。伊勢国司第7代当主。
 志摩の鳥羽城を支配下に収め、小浜氏などの国人衆を掌握して志摩国を手中に収めた。大和国へ侵攻し一部の地域を制圧したが、大和国人衆たちとの間で対立が生まれ筒井氏や越智氏などと合戦に及んだ。また、紀伊国へも進出し、支配領域を広めた。伊勢国内では北伊勢の長野氏と対立し、垂水鷺山の戦いで激戦を繰り広げたものの決着はつかなかった。さらに自治都市である山田三方内の対立に介入し、宇治・山田の両門前町を武力で屈服させ支配下に収めた。
 家督を嫡男・具教に譲り自身は隠居した。多気御所で死去。

 公家大名、戦国大名として活躍しているのに信長の野望では格別優れているわけでもなく、劣っているわけでもない微妙なステータスなのでプレイの度にモヤモヤしています。という愚痴でした。


スポンサーリンク