山名 豊国
(やまな とよくに)
山名 豊国
投稿日:2018年 1月 13日

 因幡国の生まれ。因幡守護・山名豊定の次男。兄・豊数が因幡山名氏の家督を継ぐと、支城の因幡岩井城の城主に任命された。
 因幡山名氏の支配力が弱まる中、豊数の重臣・武田高信が謀反を起こした。豊数は高信の籠る鳥取城を攻めるが敗北、守護所である神山城を退去せざるを得なくなった。豊国も城を追われ但馬国八束まで逃れた。
 豊数死後、因幡山名氏の家督を継ぎ、尼子氏残党と手を組んで鳥取城を攻撃、和議を結んで城を得ることに成功した。豊国は本拠地を鳥取城に移したが吉川元春の攻撃を受けて降伏した。
 織田家臣・羽柴秀吉が侵攻してくると鳥取城に籠城し三ヶ月間持ちこたえたが、徹底抗戦を主張する家臣たちと意見が合わず、単身で秀吉の陣中に赴き降伏した。戦後、秀吉からの仕官の誘いを断り浪人となった。
 関ヶ原の戦いでは東軍に付き、亀井茲矩の軍に加わって活躍、但馬国内の一郡を与えられた。また当時、山名氏宗家(但馬山名氏)が断絶していたため豊国の家系が宗家となり、名族山名氏を存続させることに成功した。

 豊国の生涯は負け戦の連続ですが最終的には勝ちを得ています。これは先を見越して要所要所で正確な判断を行った結果だと考えられます。人生のお手本にしたい人物です。


スポンサーリンク