山名 豊国
(やまな とよくに)
山名 豊国
投稿日:2018年 1月 13日

因幡国の生まれ。因幡守護・山名豊定の次男。兄・豊数が因幡山名氏の家督を継ぐと、支城の因幡岩井城の城主に任命された。豊数は独立を目指す国人勢力をなかなか掌握できなかったため、因幡山名氏の支配力は弱まっていった。そのような中で豊数の重臣・武田高信が謀反を起こすと、豊数は高信の居城である鳥取城を攻めるが敗北し勢力を失ったため、守護所である神山城を退去せざるを得なくなった。豊国もこのとき高信に城を追われたため但馬国八束まで逃れた。豊数の死後、豊国が因幡山名氏の家督を継いだ。豊国は高信を討つべく、山中幸盛などの尼子氏残党と手を組み鳥取城を攻撃、和議を結んで城を得ることに成功した。戦後まもなく高信は不慮の死を遂げた。豊国は本拠地を鳥取城に移したが吉川元春の攻撃を受けて降伏した。織田家臣・羽柴秀吉が侵攻してくると鳥取城に籠城し3ヶ月間持ちこたえた。しかし徹底抗戦を主張する家臣たちと意見が合わず、豊国は単身で秀吉の陣中に赴き降伏した。その後、鳥取城には吉川経家が城将として入ったが、秀吉による徹底した兵糧攻めに遭い落城した。戦後、秀吉から仕官の誘いがあったが断り浪人となった。関ヶ原の戦いが起きると徳川方に付き、亀井茲矩の軍に加わって活躍、但馬国内の一郡を与えられた。また当時、山名氏宗家(但馬山名氏)が断絶していたため豊国の家系が宗家となり、名族山名氏を存続させることに成功した。

豊国の生涯は負け戦の連続ですが最終的には勝ちを得ています。これは先を見越して要所要所で正確な判断を行った結果だと考えられます。人生のお手本にしたい人物です。