朝倉 義景
(あさくら よしかげ)
朝倉 義景
投稿日:2017年 10月 9日

 越前国の生まれ。父・孝景の死に伴い家督を相続する。相続直後は重鎮・朝倉宗滴の補佐を受けながら政務を執った。
 将軍・足利義輝が殺害されると、その弟・足利義昭を越前に迎えたが、やがて義昭は織田信長のもとへ去った。
 若狭武田氏の内紛に介入し若狭を支配下に置いた。
 織田・徳川連合軍が姉川まで迫ると浅井軍とともにこれを迎え撃ったが敗北した。ただしこの時義景は出陣していない。
 信長不在の隙に近江坂本へ侵攻、信長の一族や重臣を討ち取って比叡山に立て籠もり信長と講和後退去した。
 甲斐の武田信玄の死後、信長が近江へ侵攻してくると義景も全軍を率いて出陣した。信長は浅井氏との連携を断つ作戦に出たため、義景は越前への撤退を決断する。このとき激しい追撃を受け刀根坂で多くの将兵を失った。義景は命からがら一乗谷へと逃げ込み、従兄弟の朝倉景鏡の勧めで賢松寺に逃れるが、信長と通じた景鏡に裏切られ自害した。

 かけ引きが下手だったのか、信長に滅ぼされてしまいましたが、文化や産業の発展に努力した義景の功績は大きいと思います。当時の日本でガラス工房を建設するなど新産業の開発も進めており、決して暗愚ではなかったのだと思います。


スポンサーリンク