藤堂 高虎
(とうどう たかとら)
藤堂 高虎
投稿日:2017年 9月 10日

近江国の生まれ。はじめ浅井氏に足軽として仕え、姉川の戦いで武功を挙げた。浅井氏滅亡後はその旧臣の阿閉貞征や磯野員昌のもとで働いたが、やがてそこから去って織田信澄に仕えた。しかし信澄から冷遇されたためそこからも去った。流浪の末に羽柴秀長に仕える。以後、秀長のもとで中国攻めや賤ケ岳の戦い、紀州攻め、四国攻めなどに参戦し戦功を挙げている。九州攻めの際に起きた根白坂の戦いでは、島津軍からの猛攻にさらされた根白坂の砦を救援するため、わずかな手勢を率いて奮戦、島津軍敗走のきっかけを作った。主君・秀長が病により死去すると、その養子である豊臣秀保に仕えた。秀保が早世すると出家して高野山に上った。しかし将才を惜しんだ秀吉により召還されたため還俗した。慶長の役では水軍を率いて朝鮮水軍と交戦し、これを殲滅した。秀吉死去後は徳川家康に接近、関ケ原の戦いでは東軍に与して西軍の大谷吉継隊と激戦を繰り広げた。西軍から東軍へと寝返り、大谷隊に止めを刺した諸将(脇坂、小川、朽木、赤座)は高虎が事前に調略した者たちだった。戦後は徳川氏に仕え、譜代大名格として扱われた。大阪の陣でも徳川方として参戦し、夏の陣では長宗我部盛親隊を相手に多大な犠牲を払ったもののこれに勝利した。晩年には眼病を患い失明、まもなく亡くなった。

藤堂高虎といえば築城や主君変えで有名ですが、それは長年武将として働いた結果であるともいえます。調べてみると色々な戦いに出ては戦果を挙げており凄いなと思わされます。


スポンサーリンク